【自営業の方必見】300万円の申告で、6500万円の住宅ローンの借入。申告と借入金額について。

300万円の申告で、6500万円の住宅ローンの借入

住宅ローンで借入ができる金額はどのように算出されるか皆さんはご存じですか?

それはお客様の内容に応じて算出されるものです。

その内容は会社務めか自営業で変わってきます。

今回は自営業の方についてのその内容について書きたいと思います。

その自営業の方でも、法人化されていない方について書きます。

 

内容としてまず第一にあげられるのが、

①売上と申告の金額

②申告されている年数

③借入の金額(減価償却対象物は除く)

④資産

 

この四つが主に内容と言われるものですが、自営業の方の場合は単純にこれだけで判断されません。

なぜなら、サラリーマンの方は、給与がすべてですが、

自営業の方の場合は、申告の数字上にあらわれている内容だけでは判断できない場合が多々あるからです。

それは、文章ではっきり記載出来ない事ですが、一般的には『おさえて、〇〇してます。』とよく言われるものです。

銀行としては、その方に返済能力があるかないかの判断を申告の数字だけで単純に判断しません。

実際、300万円の申告で、6500万円の住宅ローンの借入をした方もいらっしゃいます。

200万円の申告で、4000万円借入をした方もいらっしゃいます。

自己資金0では難しいですが、諸費用分である200万円ぐらいお持ちであれば、可能です。

 

申告をおさえているので、

住宅ロ-ンをあきらめている自営業の方

ほかの不動産会社でローンが無理と言われた方

是非とも私どもにご一報下さい。

家賃は消費ですが、住宅ローンは投資です。同じお金でも全く違います。

家は借りるものでは無く買うものです。

買えるか買えないの判断は銀行におまかせして下さい。

悩むより、行動する事が大切です。私どもがその橋渡しをいたします。

お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様によりそい、お客様本位で、真剣に、相談に乗らせていただきます。

私ども㈱六島にとりあえず相談下さい。

是非ともよろしくおねがいいたします。