新築戸建てには床暖房を取り入れたい!床暖房を導入するならデメリット面もおさえておきましょう!

売り出し中物件の資料がダウンロードできるようになりました

足元から部屋全体を暖めてくれる『床暖房』は、新築戸建てに導入される設備としても非常に高い人気を誇っています。実際に、この記事を読んでいただいている方の多くは、「マイホームを手に入れる時は床暖房は絶対に取り入れたい!」という考えを持っているのではないでしょうか?

このように、新築業界ではトップクラスの人気を誇るようになっている床暖房ですが、実はメリットばかりの住宅設備というわけではなく、知らないと導入してから後悔してしまうデメリットも存在しているのです。例えば、デメリット面を何も考慮せずに床暖房を導入したご家庭では、以下のような声を耳にすることがあります。

  • 思っていたよりも光熱費が高い…
  • メンテナンスにこんなにお金がかかるなんて…
  • せっかく導入したけど、結局エアコンを使っている…

これから憧れのマイホームの購入をご検討中の方は、「どの設備にどれだけお金をかければ良いのか?」と迷っていると思いますし、この記事では、新築でトップクラスの人気を誇る床暖房のメリットとデメリットをまとめてご紹介します。床暖房の導入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!

床暖房度導入するなら、タイプ別の特徴を掴んでおこう!

新築戸建て住宅では、床暖房がスタンダードな設備と言えるほど人気の設備になっています。ただし、実際に床暖房を導入しようと考えている方は、床暖房にも種類が存在するという点はおさえておきましょう。

実は、床暖房は全てが同じ熱源を使用しているわけではなく、「温水式」と「電気式」の二種類が存在しているのです。温水式の床暖房は、床下に配管を設置しておき、その配管にボイラーで温めたお湯を通すことで温めるという方式になっています。このタイプは、基本的にガス給湯器が採用されるのですが、近年ではエコキュートにも床暖房機能搭載モデルが登場しています。
一方、電気式はというと、床下に電熱線ヒーターパネルを設置して、暖を取るという仕様になっています。簡単に言うと、電気カーペットのような機能が、住宅の床に搭載されているという感じですね。

そして、エネルギー源や温める方式が異なるということは、導入にかかるコストはもちろん、ランニングコストもかなり違ってきます。一般的に、導入にかかる初期コストは電気式の方が安くつくのですが、使用している時の光熱費に関しては、温水式の方が安い傾向にあります。その他の特徴に関しては、以下のような感じです。

  • 温水式の方が立ち上がりが早い。
  • 温水式は定期的なメンテナンスが必要。
  • 電気式は建物と同等の耐用年数があるとされており、基本的にメンテナンスは不要

どちらのタイプを導入するのかによって、運用時のコストはもちろん、メンテナンスや使い勝手など、かなりの部分で違いがありますので、慎重に検討すべきです。

床暖房のデメリットとは?

それでは、床暖房の導入を検討している方が、絶対に押さえておきたい床暖房のデメリットについて代表的なものをご紹介していきましょう。子育て世帯であれば、非常に安全な暖房器具と知られており、足元から部屋全体を暖かくしてくれるという特徴から、非常に優れた設備と考えられているのが床暖房です。

もちろん、他の暖房器具と比較しても、優れた点が多いのも事実なのですが、意外とデメリット面が知られていないことから、導入後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまう方が多いのです。ここでは、床暖房が持つ大きなデメリットを4つご紹介しておきます。

デメリット① 初期コストが高い

床暖房の非常に大きなデメリットと言えるのは、その他の暖房器具と比較した場合、導入にかかる初期コストが非常に高額になってしまうという点です。
冬場に利用する暖房器具は、エアコンやストーブなど、さまざまな製品が存在するのですが、それらと比較した場合、設置工事費に多額のコストがかかってしまう床暖房は、建築にそれなりの予算をかけなければいけません。
一般的に、10畳程度の部屋の暖房としてエアコンを導入する場合、6~7万円前後のコストがかかると言われていますが、床暖房になると、50~100万円前後のコストがかかると言われています。以下にエアコンと2種類の床暖房の導入コストをご紹介しておきます。

  • エアコンの導入コスト(10畳)・・・本体、工事費込みで6~7万円程度
  • 温水式床暖房の導入コスト(10畳)・・・1帖当たり5~10万円+ポンプなどの設備費(20万円~)
  • 電気式床暖房の導入コスト(10畳)・・・1帖当たり5~10万円

上記のように、エアコンの設置コストとは比較にならないほどの初期費用がかかってしまいます。なお、リフォームで床暖房を後付けする場合、既存の床材を撤去する工事費なども別途かかります。

デメリット② メンテナンスの手間がかかる

どのような設備でも、導入すれば常に万全の状態を勝手に保ってくれるわけではありません。使用していれば故障の可能性もありますし、故障しないように定期的なメンテナンスが必要になります。

床暖房も、その他の設備と同じく、メンテナンスが必要な設備なのです。なお、電気式であれば耐用年数が30年程度と建物の耐久力と同等ですので、メンテナンスなしでも長期間問題なく使用できると言われています。しかし、温水式の床暖房は、定期的なメンテナンスが必要不可欠で、メンテナンスのための資金を計画的に準備しておかなければいけないのです。温水式床暖房に必要になるメンテナンスは以下のような物です。

  • 不凍液の補充(年1回):5,000円~1万円
  • 熱源機械の交換(10年程度に1回):25万円~

熱源機械とは、ガス給湯器やエコキュートなどのことです。これらは、約10年程度が耐用年数です。

デメリット③ 光熱費が意外に高い

次は、エアコンなどと比較すると、光熱費が高くついてしまうというデメリットです。ただし、床暖房は、どのタイプを使用するのか、電気などの料金プランは何か、熱源に何を使用するのかによってかなり違ってくるので、なかなか計算が難しいという問題はあります。ここでは、冬場に床暖房をフル稼働(8畳の部屋で毎日10時間使用)させた場合の、電気代の概算をご紹介しておきます。

  • 床暖房(温水式)・・・ヒートポンプ式:約4,000円、石油ボイラー:約5,000円
  • 床暖房(電気式)・・・約6,000円

こう見ると、エアコンよりもかなり電気代がかかってしまうことが分かります。

デメリット④ 温まるのに時間がかかる

床暖房は、他の暖房器具と比較した場合、温まるのに時間がかかってしまうという点がデメリットです。
床暖房のスイッチを入れてから部屋全体が快適な状態になるまで、1時間程度はかかってしまうと言われているので、真冬の特に寒い日…などは、帰宅直後に他の暖房器具に頼ってしまうことになる方が多いです。

床暖房のメリット

床暖房は、上記のようなデメリットが存在するということは頭に入れておきましょう。特に、導入コストやメンテナンスにそれなりのコストがかかってしまうという点は、非常に大きなデメリットになってしまうでしょう。

ただし、このようなデメリットが存在する中でも、新築業界でトップクラスの人気を誇るようになっているのは、それなりに大きなメリットが存在するからなのです。ここでは、他の給湯器にはない、床暖房のメリットをご紹介しておきます。

メリット① 部屋全体を足元から温めてくれる

床暖房は、「部屋を暖める」ことを考えた場合、他の暖房器具よりも理にかなった仕様になっている点がメリットです。例えば、エアコンをつけていたとしても、足元だけは寒さを感じてしまう…というケースは非常に多いです。これは、温かい空気は上昇するという性質があるからです。

これが床暖房の場合、熱源が足元にあり、足元からじんわりと温めていくという仕様ですので、部屋全体をまんべんなく温めることが可能なのです。足先の冷えは万病のもとですので、冬でもはだしで過ごせる床暖房は、非常に大きなメリットを持っていると言えるでしょう。

メリット② 掃除の手間が少ない

床暖房は、床下に設置される設備ですので、住人さんが日常的に掃除などをする必要がありません(物理的にできないのですが)。また、ストーブなどと異なり、冬の寒さが和らいできたとしても、機器を片付ける必要もなく、収納のためのスペースも必要ありません。

エアコンであれば、定期的にフィルターのお掃除をしないと、エアコンの吹き出し口から出る風が健康被害の原因となってしまう場合もありますし、季節の変わり目には業者に掃除を依頼したりするのも当たり前です。このような、日常的な手間が無いのは、床暖房のメリットです。

メリット③ 風が出ない

エアコンなどは、吹き出し口から温風が出て、部屋を暖めるという機械になっています。そのため、エアコンから出る温風で、肌が乾燥してしまったり、ホコリが舞い上がってしまう…ということを嫌う人は意外多いのです。

一方、床暖房は床下の配管などが熱を持ち部屋を暖めるという方式ですので、風などが出ることはなく、ホコリが舞うこともありません。ハウスダストは、アレルギーの原因にもなりますので、小さなお子様がいるご家庭であれば、非常に安心な暖房器具と言えるでしょう。

メリット④ 事故の心配がない

これは、電気ヒーターや石油ストーブと比較した場合のメリットです。さまざまな製品の安全性が向上している中でも、ストーブなどによる事故は毎年のように発生しています。例えば、小さな子供が触れてしまい火傷してしまう…などということを始めとして、最悪の場合、住宅火災の危険までありますよね。

小さなお子様がいるご家庭であれば、ストーブの周りに柵を置いているというケースをよく見かけますが、床暖房の場合、人が怪我をしてしまうほど高温になることはありませんし、家族全員が安全に使用できるという点が非常に大きなメリットになると思います。

まとめ

今回は、新築業界で非常に高い人気を誇るようになっている床暖房について、意外に知られていないデメリット面をご紹介してきました。床暖房は、ハウスダストなどを巻き上げることはありませんし、小さなお子様がいても安全に利用でき、足元から部屋全体を暖めてくれる暖房器具で、エアコンなどにはないメリットがたくさんあると人気になっています。

確かに、床暖房の安全性や足元から暖めるという理にかなった仕様は、非常に大きなメリットになるのは間違いないのですが、この記事でご紹介したようなデメリットも存在するということを忘れてはいけません。特に、床暖房のデメリットに関しては、コスト的な部分に関するものが多いので、導入時はもちろん、使用中もコストがかかってしまうことから「暖房にお金がかかり過ぎている…」と後悔してしまうケースがあるのです。

近年では、エアコンの価格がどんどん下がってきていますし、その割に高性能化は進んでいると言われていますので、自分たちにとって本当にメリットのある設備が何なのかは慎重に検討してみるべきだと思いますよ!

■あわせて読みたい!
戸建てでも人気になっている『全館空調』!通常のエアコン利用と比較した場合のメリット・デメリット
エアコンは『冷房』よりも『暖房』の方が電気代がかかる!暖房の効率的な使い方を押さえておこう!