日々の生活にコンロは欠かせない!ガスコンロとIHクッキングヒーターはどっちが良いの?

今回は、日常生活の中で欠かすことのできない住宅設備である『コンロ』についてご紹介していきたいと思います。一昔前であれば、家族の食事を作るために使用するコンロについては『ガスコンロ』が採用されているのが当たり前で、それ以外の選択肢がありませんでしたので「コンロは何にしようかな?」なんて悩むようなことはありませんでした。

しかし、オール電化住宅の普及もあり、近年ではガスコンロに代わる『IHクッキングヒーター』なるものが登場しており、その安全性の高さやお手入れの楽さからガスを併用するご家庭でもコンロに関しては『IHクッキングヒーター』にするという場合も増えているのです。最近では、単身用のマンションなどでも、小型のIHクッキングヒーターが設置されるようになっており、若い人であればガスコンロよりもIHの使い勝手に慣れているという方が増加しているのもコンロに迷う方が多い理由の一つになっているのだと思います。

それでは、家庭で使用するコンロ選びをするときには、ガスコンロとIHクッキングヒーターであれば、どちらが良いのでしょうか?正直な話をすると、どちらも一長一短の住宅設備となりますので、「誰にとってもコンロは○○の方が良い」とは言えないのが実情です。そこでこの記事では、コンロ選びに迷っている方に参考にしてほしい、ガスコンロとIHクッキングヒーター、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。
現在新築戸建てを検討中の方で、キッチン周りの設備に悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでいただければと思います!

ガスコンロのメリットとデメリットについて

それではまず、古くから日本国内で使用されてきたガスコンロのメリット・デメリットからご紹介していきましょう。

ガスコンロは、その名称から分かるように、ガスをエネルギー源とした調理器具となります。皆さんの子供のころを考えると、ほとんどのご家庭で採用されていた調理器具となりますので、その見た目や使用方法などは割かしイメージしやすいと思います。
ガスコンロは、つまみ部分を回すことで、ガスの出力を調整することが可能で、直接火を使って温めるコンロとなりますので、火力を目で確認しながら調節できるのが特徴です。したがって、普段あまり料理をしない方でも火力調節などが容易にできるのがメリットになるでしょう。以下で、ガスコンロを導入する場合のメリットとデメリットをご紹介していきます。

ガスコンロのメリット

まずはガスコンロのメリットからご紹介していきましょう。上述しているように、古くから家庭で使用されてきた調理器具ですので、普段の生活の中で「ガスコンロのメリットは?」などと言った事を考えることは少ないでしょう。しかし、IHクッキングヒーターが登場した現在では、どちらを導入すれば良いのか分からない…と迷ってしまう方も少なく無いので、ここでガスコンロを利用することのメリットからご紹介しておきます。

ここでは、IHクッキングヒーターとの対比がしやすいように、IHクッキングヒーターと比較した場合のメリットをご紹介しておきます。

  • 目で火を確認できるため、微妙な火力調整も容易になる
  • 強い火力を実現できる
  • 加熱できる調理器具を選ばない
  • 基本的に停電時でも利用できる(着火に電気を使うので停電時に使えない機種もあります)

ガスコンロのメリットは、直火を使って熱する設備のため、目で火力を確認することができ、微妙な調整も容易にできるという料理面でのメリットが大きいです。下で紹介しますが、IHクッキングヒーターも火力の調節は可能なのですが、あらかじめ設定されている火力の調節しかできず、目盛にない微妙な火力への調整はできないのです。料理が好きな人にとっては、この辺りの微妙な火力調節ができるガスコンロのメリットが大きいと言われています。
他には、IHクッキングヒーターでは加熱することができない土鍋など、市販されているものであれば、材質問わず何でも加熱できる点もガスコンロのメリットです。IHクッキングヒーターの場合は、「IH対応」などと記載された専用の調理器具を用意しなければならないのですが、ガスコンロは使い続けている器具をそのまま利用できるため、余計なコストがかかりません。最後は、災害による停電が発生した場合でも、基本的にガスコンロは利用できるというのもメリットと言われています。ただし、着火に電力を利用しますので、電池が使えないコンロは着火できないものもあると思います。その辺りは購入時に確認しておきましょう。

ガスコンロのデメリット

次はガスコンロのデメリット面です。ガスコンロが主流だった時代には特にデメリットとして捉えられることもなかったのですが、IHクッキングヒーターとはかなり仕様が異なるため、ガスコンロ特有の使い勝手がデメリットとして指摘されるようになっています。

代表的なガスコンロのデメリットは以下のような点です。

  • 火を使う器具ですので、どうしても火災リスクが高くなる
  • 調理の際に、室内気温も上昇させてしまう
  • ガス漏れ、不完全燃焼など、事故リスクが高い

IHクッキングヒーターと比較した場合のデメリットは、火災や一酸化炭素中毒など、ご家族を危険にさらしてしまう可能性がある…というものが最も大きいでしょう。IHクッキングヒーターは、直接火を使わないため、安全性の高さが売りにもなっているのですが、直火を使うガスコンロはどうしても火災のリスクが残ってしまうのです。特に、小さなお子様や高齢者のいるご家庭などであれば、IHクッキングヒーターを勧められることが増えています。
また、調理中の人にとってのデメリットとして、直接火を使う器具のため、室内の空気まで温めてしまう…ということもデメリットと言われるようになっています。ガスコンロに慣れている世代であれば「当たり前のこと。」と考える人も多いのですが、一人暮らし時代からIHを利用している若い世代の方は、この点を嫌う方が意外に多いです

IHクッキングヒーターのメリットとデメリットについて

次は、IHクッキングヒーターのメリットとデメリットについてです。ガスコンロがガスをエネルギー源にしているのに対し、IHクッキングヒーターは電気で動作する設備となります。したがって、オール電化を選択する人については、問答無用でIHクッキングヒーターを導入しなければいけません。
IHクッキングヒーターについては、高い安全性などがメリットとして指摘されているのですが、IHクッキングヒーターの導入を迷う方の多くは「IHは火力が弱いと聞く…」といった点をデメリットとして捉えているようです。家庭で使用するコンロについては、『加熱すること』が役割となりますので、火力が弱いと聞けばIHの導入に二の足を踏んでしまうのも理解できます。ただし、最近販売されているIHクッキングヒーターに関して言えば、火力が弱いなんてことはありませので、火力が弱い…という情報を鵜呑みにしてIHクッキングヒーターを敬遠している方は、その情報は間違いと考えて良いです。
ここでは、ガスコンロに対するIHクッキングヒーターのメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

IHクッキングヒーターのメリット

それではまず、メリット面からご紹介していきましょう。上述したように、IHクッキングヒーターは、販売開始当初に「火力が弱い…」という情報がで回ってしまった事から、いまだに火力の面を不安視する方が少なくありません。しかし、この部分に関しては、IHクッキングヒーターの開発が進んだこともあり、特に心配する必要はありません。単身用マンションなどに設置されている小型のIHクッキングヒーターであれば、多少火力が物足らない…と感じる場合もあるかもしれませんが、一般住宅に導入されるタイプは、十分なパワーを持っており、お湯の加熱などを考えるとガスコンロよりも圧倒的に早く沸かせるなど、高い熱効率を誇っているのです。

IHクッキングヒーターのメリットについては、以下のような事が指摘されています。

  • 火を使わない加熱方式なので、火災の心配が低くなり安全
  • 鍋底のみを加熱する方式のため、室内温度まで上昇する心配が少ない
  • フラットな天板になっているため、日々のお掃除などのお手入れが楽
  • ガスコンロよりも熱効率が高く、加熱スピードが速い

IHクッキングヒーター最大のメリットと言えば、やはりその安全性だと言えます。直火を使わない加熱方式ですので、鍋を火にかけているのを忘れて火事に発展する…なんて心配もありません。また、ガスを使用しないので、不完全燃焼による中毒事故の心配もありませんし、小さなお子様や高齢者がいるご家庭では、非常に安心して使える調理器具と言えるでしょう。
使い勝手の面でも、実はガスコンロよりも熱効率が良く、加熱スピードが速くなるため、使い勝手に慣れてしまえば調理の面でも困ることは少ないのです。また、ガスコンロのように、表面に凹凸などが無いため、使用後は天板をサッと拭くだけで掃除が住むなど、キッチンのお手入れが劇的に楽になるというのが大きなメリットになると思います。

IHクッキングヒーターのデメリット

最後は、IHクッキングヒーターのデメリット面もご紹介しておきましょう。IHクッキングヒーターのデメリットに関しては、以下のような点が指摘されることが多いです。

  • 設定された火力にしか調節できない
  • 専用の調理器具を用意しなければならない
  • 慣れるまで使い勝手に苦労する人がいる
  • 停電時は使えない

IHクッキングヒーターのデメリットは上記のような点です。IHクッキングヒーターは、電気をエネルギー源として動作する設備ですので、災害による停電などが発生した場合、使用できなくなってしまいます。したがって、IHクッキングヒーターを選択する場合には、災害のことも考えてカセットコンロを用意しておくや、家庭用蓄電池などで災害時でも電力確保ができるようにしておくなどの対策が必要になるでしょう。
他には、IHクッキングヒーターは、『IH専用』などと記載された専用の鍋やフライパンを用意しなければならない点もデメリットでしょう。今までガスコンロを利用していた方であれば、全ての調理器具を買い換えなければならない可能性もありますので、それなりのコストを覚悟しなければいけません。ちなみに、IH専用の調理器具は通常の物よりも割高になりますので、その点もデメリットと言えるかもしれませんね。
また、料理好きの方にとっては、ガスコンロとは使い勝手がかなり違ってくる事や微妙な火力の調整が難しい点をデメリットとして挙げる方もいます。IHクッキングヒーターは、鍋底がヒーターに接していなければ加熱することができないため、ガスコンロのようにフライパンを振りながら調理することができないのです。この辺りの使いがっては、そのうち慣れてくると思いますし、そこまで不安視するほどのデメリットではないと筆者は考えています。

まとめ

今回は、キッチン周りに導入する住宅設備の主役となるコンロについて、ガスコンロとIHクッキングヒーターそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介してきました。

この記事でもご紹介したように、この2つの住宅設備に関しては、エネルギー源から異なりますので、得られるメリットも注意しなければならないデメリットもかなり違ってくるのです。もちろん、どちらが良いのか?については、家族構成やライフスタイルなどによって異なりますし、一概にどちらかの住宅設備の方が優れているとは言えないのが現状です。筆者個人的には、火力調整や鍋振りなど、最初は慣れないことも多いのですが、安全性の高さを考えた場合、IHクッキングヒーターの方が分があるのかな…と考えています。IHクッキングヒーターは、日常的なお手入れの手間も少なくなりますので、最初の使い勝手の違いさえ我慢すれば、その他はそこまで致命的なデメリットにはならないのではないかなと思えるからです。

なお、ここ最近安全性の高さに着眼した住宅設備が増加しており、暖房器具などもエアコンが主流でストーブなどもあまり利用されないようになっています。そのため、小さなお子様に「火の恐ろしさ」を教える機会が少なくなってしまっていることが危惧されているそうです。この部分に関しては、筆者も一理あると思いますので、何らかの方法で教育できるような機会を作るのがオススメです。キャンプなどで火を使うようにすれば、レジャーと教育を一緒にできるのでオススメですよ。

平野区喜連西1丁目での2階建て、自由設計での新規分譲ですよ!

◇◆◇喜連西1丁目 新規分譲開始◇◆◇

販売価格3990万円
所在地大阪市平野区喜連西1丁目1-12
沿線・駅大阪メトロ谷町線『平野』駅 徒歩11分
大阪メトロ谷町線『喜連瓜破』駅 徒歩12分
広さ87.77㎡ / 4LDK

東住吉区田辺6丁目での新規分譲です!駅や小学校が近い好立地ですよ♪

☆☆あっという間の最終分譲開始!☆☆ ◆◇田辺6丁目分譲地◇◆

販売価格3440万円
所在地大阪市東住吉区田辺6丁目2-11
沿線・駅大阪メトロ谷町線『田辺駅』徒歩3分
近鉄南大阪線『今川駅』徒歩4分
JR阪和線『南田辺駅』徒歩9分
広さ53.81㎡ / 4LDK