一戸建ては寒い?戸建て住宅の寒さ対策をご紹介します!

憧れの戸建て住宅の購入を検討している方の中には、鉄筋コンクリートのマンションなどと比較すると「一戸建ての方が寒い…」などと耳にして、実際のところはどうなのだろうかと不安になる方も多いようです。

最初に言っておきますが、一般的な木造一戸建て住宅と鉄筋コンクリート造のマンションを比較した場合、一戸建ての方が寒くなるのは事実です。しかし、これに関しては、あくまでも何の対策をとらない状態であれば…という話であり、そこまで不安に思う必要はないのです。というのも、戸建て住宅の場合であれば、そこに住む人の快適性を考慮して、自由に手を加えることができるというメリットがあり、寒さへの対策方法を知っておけば、いくらでも対処可能なのです。

そこでこの記事では、一戸建ての購入を検討している方に向けて、冬場の寒さ対策についてご紹介していきたいと思います。冬は厳しい寒さに耐えなければならない北日本の住宅は、そもそも寒さ対策が万全に施されているのですが、日本の中心に位置する関西地方の住宅の場合、どちらかというと夏場の暑さを考慮して家を造ることが多いです。したがって、寒さが苦手な方は是非この記事の内容を頭に入れておきましょう。

そもそも一戸建てが寒くなる理由は?

それではまず、一戸建て住宅がマンションなどと比較すると、寒くなってしまう理由から簡単にご紹介しておきましょう。鉄筋コンクリート造のマンションと比較して一戸建てが寒くなると言われるのは、主に以下の2つが理由です。

  • 建物の構造が理由になっている
  • 間取りの関係が理由になっている

この二つに理由についてもう少し詳しくご紹介しておきます。

建物の構造について

一戸建てが寒くなってしまう理由の一つが、建物の構造上の問題です。一般的に、戸建て住宅の構造は木造になっています。しかし、マンションなどであれば、ほとんどの場合、鉄筋コンクリート造になっているのです。そして、木造と鉄筋コンクリート造を比較すれば、気密性や断熱性は鉄筋コンクリート造に軍配が上がるのです。

もちろん、一戸建ての場合でも、住み始めたばかりの時にはそこまで寒さを感じることも少なくなっているのですが、築年数が経過すると、木材の反りや縮が生じてしまい、建物のあちこちに隙間ができやすくなってしまうのです。したがって、冬場になるとそういった隙間からすきま風が入りやすくなってしまい、暖房で空気を暖めても、室内の暖かい空気が逃げてしまうことになるのです。

ちなみに、最近ではこういった木造住宅の弱点をカバーするため、高気密、高断熱を売りにする住宅も登場しています。しかしそういった住宅でも、築年数が経過すれば木材の劣化は考えられますので、鉄筋コンクリート造よりも寒くなってしまう可能性が高いでしょう。

間取りの関係について

もう一つの理由が『間取り』です。戸建て住宅の購入時には、間取りにこだわるという方が非常に多いです。そして最近のトレンドでは、一階に吹き抜けを作ったり、リビング階段を導入したりと、開放感のあるゆったりとした生活を実現する間取りが人気なのです。しかし、こういった間取りは、暖房効果に劣る…というデメリットが考えられるのです。子供のころの習ったと思いますが、暖められた空気というのは上に溜まるものです。つまり、暖房で室内の空気を暖めても吹き抜けや階段から暖かい空気が抜けてしまうのです。

こういった間取りにする場合には、床下暖房やエアコン使用時はサーキュレーターによって温風を循環させるなどと言った対策が必要になるなど、冬場の寒さのことも考えておかなければいけないのです。開放感のある戸建の間取りは、マンションなどと比較すると寒さの影響を受けやすいと考えておきましょう。

構造に関わらず『窓』は弱点になる

ここまでで、一戸建てがマンションなどよりも寒いと言われる理由は分かっていただけたと思います。上述のように、建物の構造上の問題や間取りが寒さに対して難があるわけです。ちなみに、冬場の寒さ対策をしたい…と考えた場合、建物の構造に関係なく『窓』が重要になるということも覚えておきましょう。戸建て、マンションに関わらず、窓が寒さの原因になっていることが多いのです。

皆さんはあまり聞いたことが無いかもしれませんが、「コールドドラフト現象」というものがあり、これが、暖房をつけていても足元が寒い…底冷えする…などと言った寒さの原因となっているのです。「コールドドラフト現象」とは、室内の空気をエアコンなどで暖めたとしても、外気で冷やされた窓ガラスに当たって空気が冷やされてしまい、その冷たい空気が床に沿って流れていき、部屋全体が冷えてしまう現象のことです。

省エネルギー建材普及促進センターが公表した調査データによると、冬場に室内の空気を暖めたとしても、なんと58%の暖気が窓から流れ出てしまっているという統計があるのです。つまり、窓に何の寒さ対策も行っていない場合、いくら室内を暖房で暖めたとしても、効率的な暖気ができないということなのです。逆に言えば、窓の性能を高めれば、暖気の流出を阻止することができるなど、有効な寒さ対策になるのです。

参考:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会

戸建住宅の寒さ対策は窓から!

それでは、戸建て住宅の寒さ対策として実際に行っていきたい手法についてご紹介していきましょう。寒さを何とかしたい…と思ったとしても、さすがに建物の構造や間取りからリフォームするのは現実的ではありません。
そこで重要になるのが、窓に対する寒さ対策なのです。ここでは、窓の寒さ対策に有効は手法をいくつかご紹介していきます。

サッシを『アルミ樹脂複合サッシ』に!

窓の性能は、ガラスの素材だけでなく窓枠に使われるサッシも重要です。中古の戸建て住宅などでは、アルミサッシが良く使用されているのですが、アルミサッシは『安価である』『耐久力が高い』というメリットがある反面、熱を通しやすい素材となるため断熱性に難があるのです。
そこで、住宅の寒さ対策を検討した場合には、『アルミ樹脂複合サッシ』と呼ばれる素材に変更するのがオススメです。これは、寒冷地の住宅でもよく利用される素材ですので、高い断熱性を期待することができます。ちなみに、最も断熱性が高いと言われるのは『樹脂サッシ』なのですが、『アルミ樹脂複合サッシ』の場合であれば、アルミサッシと樹脂サッシ双方の性能を兼ね備えているというメリットがあるのです。

ガラスの素材も高断熱なものに!

上述したように、窓の性能は「どのようなガラスを使っているのか?」も重要です。一般的な住宅でよく利用されているのは「単板ガラス」と呼ばれる1枚板のガラスです。このガラスは、コストパフォーマンスの良さや施工が簡単なことから、多くの戸建て住宅で採用されてきました。
しかし近年では、断熱性や遮音性を重視する方が増えていることもあり、年々その利用率が下がっていると言われているのです。戸建て住宅の寒さ対策を考えた場合には、複層ガラスと呼ばれる2枚組のガラスを窓に採用するのがオススメです。このタイプは、ガラスとガラスの間に空気層が作られますので、断熱性はもちろん、遮音性も高くなるのです。

ちなみに、最近では施工技術の向上もあり、インナーサッシ(内窓)を設置する方法も選択できるようになっています。要は、窓の内側にもう一つ窓を作る方法なのですが、複層ガラスを設置するよりも安くなる場合も多いです。

居室の快適性を考えるなら『床暖房』がオススメ!

最後は窓から少し離れます。近年、住宅の快適性を上げる設備として、どんどん人気が高くなっているのが『床暖房』です。TVCMなどで見て、床暖房に興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

そもそも、冷気というものは、下にたまるものです。したがって、暖房をつけていても冷たくなった空気は床に沿って広がってしまうものなのです。つまり、室内の寒さ対策をして冬場の快適性を上げようと思えば、床部分の暖気対策が非常に効果的と言えるのです。そしてそれを実現するための最も有効な設備となるのが床暖房な訳です。
現在戸建て住宅に住んでいる方で、冬場に床が寒くなってしまうことに悩んでいるのであれば、床暖房を導入するのが非常に効果的だと思います。

自分で簡単にできる寒さ対策について

最後は、大掛かりなリフォームなどをせずに、自分で簡単に寒さ対策を行えるいくつかの方法もご紹介しておきます。リフォーム費用などの問題もあり、上述した方法はなかなか難しい…という場合には、ひとまず以下のような対策をしてみてはいかがでしょうか。

カーテンを変更する

最も簡単な寒さ対策が、窓にカーテンを設置するという方法です。とはいえ、リビングなどの大きな窓にカーテンを設置していないご家庭など、ほとんどないでしょう。ここで言う寒さ対策用のカーテンとは、通常のカーテンと比較して、厚みがしっかりあるタイプで床につくぐらいの丈があるカーテンに変更するということです。現在、薄手の普通のカーテンを使用しているのであれば、これだけで断熱効果をかなりアップさせることも期待できます。

暖かい空気を逃がさないよう、断熱シートなどを貼る

最近では、ホームセンターなどに断熱シートやパネル・ボードが安価で販売されています。こういったものを購入し、暖かい空気の逃げ道に貼ることで断熱性を大幅にアップさせることもできるのです。窓ガラスの素材によっては、ガラスに直接貼り付けできる断熱シートなども登場していますので、一度ホームセンターなどで商品を確認してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、戸建て住宅の寒さ対策についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、木造が一般的な戸建住宅は、鉄筋コンクリート造のマンションなどに比較すると、どうしても気密性・断熱性に難があり、冬場の厳しい寒さの影響を受けやすくなってしまうのです。

特に、開口部となる窓に関しては、室内の暖かい空気の逃げ道となってしまうこともあり、この部分の断熱性を高めることは非常に重要だと覚えておいた方が良いでしょう。これから戸建て住宅の建築をスタートするという方であれば、建設時点で寒さ対策のことも良く打ち合わせしておきましょう。なお、既存住宅の場合、建物の寒さ対策を行おうと考えるとそれなりのコストを覚悟しなければいけません。
コストが問題で寒さ対策が難しいという場合には、補助金の利用なども考えてみると良いでしょう。現在では、高性能建材を利用した住宅の断熱リフォーム支援事業という制度が作られており、戸建て住宅の場合、120万を上限とするリフォーム費用の1/3以内が助成対象となる補助金や、指定の建材を使用した断熱リフォームを行う場合には、200万円を上限として、1/2が補助対象となりものがあります。こういった補助金は、毎年予算が組まれますので、時々調べてみると良いでしょう。

こういった補助金を上手に活用すれば、自己負担も少なく住宅の快適性向上が見込めます。