初めてのマイホーム購入!多くの方が抱える不安と失敗しないためのポイント

売り出し中物件の資料がダウンロードできるようになりました

誰も憧れるマイホームの購入ですが、初めて家を購入する時には、大きな費用がかかってしまうことから、さまざまな不安が頭をよぎってしまうものです。実際に、マイホーム購入を計画している時や購入後に「気分が落ち込む」「不安が増す」など、精神的に不安定な状態になる方も珍しくなく、こういった状態を『マイホームブルー』なんて表現することもあるそうです。

家の購入は、人生の中で最も高額なお買い物になるという方も多いですし、将来への期待だけでなく、それだけの費用を本当に返していけるのか…ということに不安を感じるのだと思います。そこでこの記事では。家の購入を考えている方の多くが抱えてしまう代表的な不安と、その不安を解消するためのポイントについてご紹介していきたいと思います。
家の購入は、勢いも必要ですが、慎重に検討しなければ「家なんか買うんじゃなかった…」と将来的に後悔してしまう危険がありますので、以下でご紹介するポイントはぜひ頭に入れておいてください。

家の購入で多くの方が抱える不安とは?

それでは、家の購入を計画している方の多くが抱えてしまう不安をいくつかご紹介していきましょう。誰もがマイホームに憧れを持っているものですが、いざ購入するとなると、さまざまな不安が頭をよぎるものです。例えば、かかる費用が今までに見たこともないような金額ですし、「本当に返済できるのか?」「本当に買っても良いのだろうか?」「賃貸の方が良いのかな…」など、最終段階で購入をためらってしまうという方も少なくありません。

家の購入は、本当に多額のコストがかかってしまいますので、このような不安は誰もが抱えてしまうものです。したがって、これから家の購入を計画している方は、漠然とした不安を恐れるのではなく、その不安の原因を突き止め、対処できるような準備をしておくのがオススメです。

不安① 住宅ローンの返済

家の購入時の最も大きな不安となるのが、「住宅ローンの返済」です。一生で最も高額なお買い物となる家の購入は、ほとんどの方が住宅ローンを組んでいます。しかし、住宅ローンは、何十年にわたる非常に長期的な返済期間となるため、その間に収入が下落したり、ライフスタイルに変化が生じてしまった時、きちんと支払っていくことができるのだろうか…と言う点に不安を感じてしまう訳です。

特に、今回の新型コロナウイルスのような問題がいつ起きるか分かりませんし、定年後もローンが続くような場合には、返済を不安に感じてしまうことでしょう。

不安② 購入後の維持費

住宅は、購入すれば終わりというような物ではありません。別記事でもご紹介していますが、長くその家に住むためには、数年から数十年単位で修繕やリフォームなどのメンテナンスが必要不可欠なのです。

例えば、外壁や屋根に関しては、修繕の際に100万円以上の高額な費用がかかってしまいますし、住宅ローンの支払いをしながら、修繕費まで工面できるのか…と言った点を不安に感じてしまう人は多いです。さらに、住宅設備に関しては、いつ故障するか分からない…という側面があるため、予想できないタイミングで高額な出費の可能性もあるということに不安を感じるようです。

関連記事:家は建てて終わりではない!将来的に必要になる住宅メンテナンスについて!

不安③ 将来的なライフスタイルの変化

上述したように、家の購入費は長期間にわたって住宅ローンを返済していくことになります。そのため、家の購入時と10年、15年後のライフスタイルが変化してしまうことが普通で、将来的に間取りなどが不便になってしまうのではないか…といった点に不安を感じる方も多いです。例えば、家の購入時はお子様がいなかったご家庭でも、数年たって子供が2人、3人と増えていった場合、部屋数が足りなくなってしまった…なんてことも少なくありません。

また、子供が成長していけば、間取りに不満が出てしまうことも珍しくないですし、転勤が多いような職種の方は、一生その家で暮らしていくことができないかもしれない…と言った不安を抱えてしまう方がいます。

不安④ 周辺環境について

住宅を購入する場合には、自分の家だけでなく、周辺環境に適応できるかも非常に重要です。賃貸とは異なり、家を建ててしまうと、何らかの問題が生じたとしても、すぐに引っ越すようなことはできなくなってしまいます。そのため、近隣にどのような人が住んでいるのか、近隣住人とうまくやっていけるのか…と言った点は多くの方が不安に思ってしまうようです。

例えば、町内会の加入でトラブルになってしまう…なんて話は、ネットニュースなどでもよく見かけますし、新しく引っ越した時に、ご近所さんとうまく馴染めるのかはとても不安に感じてしまうことでしょう。また、お子様がいるご家庭は、家を建てる場所によって子供の校区が決まりますので、より慎重になってしまうものです。
他にも、生活範囲に病院や日常の買い物ができるスーパーやドラッグストアなどがあるか、通勤に不便を感じないか、騒音問題はないかなど、住んでみるまでなかなか分からないポイントは漠然とした不安になりやすいです。

家購入時の不安を解消するには?

ここまでは、家の購入を計画している方が抱えてしまうことが多い代表的な不安をご紹介してきました。家の購入時は、住宅ローンの返済や家の維持コストなど、お金に関する不安が頭をよぎるだけでなく、周辺環境や人付き合いに至るまで、さまざまな方面の不安が次から次へと思い浮かんでしまうようですね。

それでは、こういった不安を解消して、将来的に「家なんか買うんじゃなかった」などと後悔しないためには、どのような点に注意しておけば良いのでしょうか?現在、上述したような不安を抱えていることから、なかなか家の購入に踏み切れない…なんて方も多いと思いますし、家購入時の不安を解消することや、家の購入を失敗しないためのポイントをいくつかご紹介しておきます。

予算をしっかりと把握する

家の購入費用は、間取りや広さ、導入する設備によって全く変わってしまいます。したがって、家の購入を検討し始めたら、まずは家の購入にどれだけのお金が出せるのか、予算をしっかりと把握しておくべきです。

この予算については、現時点での収入と支出から慎重に出さなければいけません。収入と支出がはっきりすれば、月々どの程度ローンの返済に回せるかが自ずと分かってきます。そして、返済可能なローン額から借入額を算出すれば、現実的に使える家の購入予算が判明すると思います。
ここで注意しておきたいのは、現在の収入と支出から、『ギリギリの計算』をして予算を出すということです。例えば、現在の状況から考えて、ギリギリ10万円をねん出できるという場合でも、10万円全てを住宅ローンの支払いに充ててしまうと、突然の転職や収入減など、ライフスタイルの変化などがあった場合に、対応することができなくなってしまうリスクがあります。住宅ローンの支払いが滞ってしまえば、苦労して手に入れた家を手放さなければならなくなるかもしれません。

また、毎月ギリギリで支払えているという状況になれば、貯金をすることができなくなり、家の維持費用を用意することができなくなってしまうでしょう。家を購入する時には、頭金をいくら用意できるのか、今後収入は上がる見込みがあるのか、万一収入が下がっても返済を続ける事ができるかなど、細かな部分までしっかりと資金シミュレーションしておくべきと考えましょう。

専門家に相談する

上で、現在の収入や支出から、住宅購入にかけられる予算や、将来的な資金シミュレーションをしっかりと行うことが重要とご紹介しました。しかし、自分たちだけで、何十年先までにわたる長期的なライフプランをシミュレーションするのはなかなか難しい事です。したがって、こういった点については、しっかりと専門家に相談しておくのがオススメです。

例えば、ファイナンシャルプランナーという職種を皆さんも聞いたことがあると思うのですが、この人たちは、こういった資金シミュレーションなどをしてくれる専門家です。ファイナンシャルプランナーに相談すれば、長期的な計画をきちんと立ててくれますので、家の購入に失敗するリスクを最小限に抑えてくれることでしょう。ただし、ファイナンシャルプランナーさんに相談するには、費用がかかってしまいますので、その点は注意しましょう。

何度も言っていますが、家の購入は多額の費用がかかりますし、その返済は何十年にもわたることですので、自分たちだけではざっくりとした予想しかできない…と不安を感じる場合は、こういった専門家に頼ると良いと思いますよ。自分で専門家を見つけることが難しい…なんて場合は、不動産会社に相談すれば横のつながりを持っていますので、専門家を紹介してくれるでしょう。

信頼できる不動産会社を見つける

家を購入する際、最も重要とも言えるのが信頼できる不動産会社を見つけるというポイントです。きちんと相談する不動産会社を選定すれば、家の購入によるメリットだけでなく、デメリット面も教えてくれますので、家の購入を失敗してしまうリスクを減らすことができます。

世の中には、不動産会社がたくさん存在しており、多くの方はCMなどでも良く耳にする大手の会社ほど信頼できると考えてしまっているでしょう。しかし、不動産会社選びで最も重要なのは、物件だけでなく自分が住みたいエリアの周辺環境に詳しいのか…ということです。物件や設備、住宅ローンに関する知識に関しては、どの不動産会社でもある程度持っていますが、地域ごとの特色などに関しての理解度は、その地域に根付いた不動産会社なのかが非常に重要です。この辺りをしっかりと考えて、相談する不動産会社を選べば、周辺環境に関しても的確なアドバイスが貰えますので、土地選びから一貫して任せることもできるはずです。

したがって、しっかりと不動産会社を選別し、気になることは徹底的に質問するようにしておけば、あなたが抱える不安を解消し、失敗のリスクを小さくしてくれるはずです。

まとめ

今回は、家の購入時に多くの方が抱えてしまう代表的な不安や、その不安を解消するためのポイントについてご紹介してきました。家の購入は、数千万円単位のお金がかかってしまいますし、その費用を何十年にわたって計画的に返済していかなければいけません。当然、住宅ローンの返済期間中には、さまざまなライフスタイルの変化が考えられますし、購入時にそういったポイントもしっかりと想定しておかなければ、いざという時に対応できなくなり、困ってしまうことになるのです。

現在、さまざまな不安から家の購入に踏み切ることができない…とお悩みの方がいれば、ぜひむとうの家にご相談してみてください。むとうの家は、長年関西エリアで活動を続ける地域に密着した不動産会社ですので、お客様が抱える周辺環境に関する疑問なども、正確にお答えすることが可能です。小さな疑問でも、まずはお問い合わせください。