2020年度版!お客様が「つけて良かった!」と答えた拘り住宅設備をご紹介!(一部オプション)

こんにちは、住まいのアドバイザーむとうの家です。
突然ですが、皆さんは憧れの一戸建てを購入しようと検討した場合、何にこだわって家づくりを進めたいを思いますか?最近では、洋風な屋根材や外壁材が人気になっており、とにかく住宅全体の外観デザインに拘りたいという方が増加しているような印象があります。もちろん、長くそこに住むことになりますので、できるだけ自分の好みのカラーやデザインにこだわって、屋根材や外壁材を選びたいという気持ちは理解できます。

しかし、いざ家が完成してそこに住む場合のことを考えると、住宅の外観デザインばかりにこだわっているわけにはいかないのです。というのも、住宅の快適性を上げるためには、ご家族のライフスタイルなどに合わせた住宅設備をしっかりと検討し「何にいくらお金をかけるべきなのか?」も忘れてはいけないのです。家の購入は、一生のうちにそう何度もあることではありませんし、皆さんもそれなりのご予算を用意して計画を進めていくものですが、無尽蔵にお金を使う訳にはいきません。したがって、家づくりを進める時には、実際にそこで生活をスタートした時のことを想定し、慎重に住宅設備選びを進めなければいけないのです。

そこで今回は、皆様の住宅設備選びの参考になるよう、むとうの家で行ったアンケートにおいて「この住宅設備を導入してよかった!」という答えが多かったものをご紹介したいと思います!

「つけて良かった!」と人気の住宅設備

それでは、弊社のお客様が「つけて良かった!」と答えた人気の住宅設備についてご紹介していきましょう。当然、家族構成やライフスタイルが異なりますので、以下でご紹介する設備が誰にとってもオススメ出来るというわけではありませんが、住宅設備選びの際にはとても役に立つ情報だと思います。

近年では、住宅設備の進化が急速に進んでいますので、実際の使用者の声というのはご自身の住宅選びの際にはとても役に立つ情報だと思いますよ。

①床暖房

まずは、近年非常に高い人気を誇る『床暖房』です。床暖房にも、エネルギー源の違いなどいろいろと種類が存在しますが、設備としては床に熱源を持つことで足元からじんわりと温めることができ、真冬の厳冬期でもエアコンなしで快適に過ごせるという声が多いです。ちなみに、床暖房については「つければ良かった…」と後から後悔する方が多い設備でもあります。
お客様の声としては、「エアコンなどと違い自然な暖かさで快適!」「足元が暖かいので冷え性の人にはオススメ!」「エアコンなしなのに部屋中が暖かく感じる」などと言ったものが多く、冬場の生活の快適さに対する高評価度合いが非常に高い設備でもあります。

むとうの家としても非常にオススメ出る設備の一つと言えます。特に、小さなお子様がいるご家庭や、ハウスダストが苦手…という方に関しては、エアコンなどと違い風を出すこともなく部屋が暖かくなるため、ホコリなどが舞うこともなくアレルギー症状を抑えることもできるでしょう。また、他の部屋との気温差が少なくなることから、ヒートショックの可能性を下げることができる暖房機器とも言われています。

②太陽光発電設備

次は、既に住宅設備の定番となっている太陽光発電設備です。近年では、FITによる売電価格が下落していることもあり、「太陽光発電の導入にかけたお金は取り返せるのかな?」などと不安に思う方も少なく無いようです。しかし、FITというものは、「かけたお金を取り戻す」ことを前提とした制度で、売電価格の下落は太陽光発電の導入コストが下落してきたため、売電価格が下がっているだけなのです。つまり、現在でも太陽光発電の導入によるメリットは、昔とあまり変わっていないのです。ちなみに、現在の太陽光発電の導入にかかるコストは、FIT開始当初よりも150万円程度下落しているのです。

太陽光発電を導入したお客様からの声は、「想定以上に経済的で驚いた!」「電気代の収支がプラスになった」「売電収入が目に見えるので楽しい」「家族の節電意識が高くなった」など、ご家庭にとって高い経済効果がある点が人気の理由のようです。ちなみに、太陽光発電に関しては、オール電化や家庭用蓄電池とセットで導入する方が増えています。
日々の生活にかかる光熱費を削減できる設備は、非常に高い人気がありますし、オススメできます。

③外壁タイル

外壁タイルと聞くと「外観デザインの部分じゃないの?」と疑問に思う方が多いかもしれませんね。しかし近年では、外壁材の進化がとても進んでいるため、きちんと機能を重視して外壁材を選択すれば、その後の住宅メンテナンスコストや日々のお手入れがかなり違ってくるのです。

例えば、外壁材の中には表面についた汚れを雨水などで自ら流してくれるような機能性を持ったものが登場しており、そういった外壁材を導入しておけば定期的に外壁の汚れを落とすための清掃などの手間がなくなります。さらに、高品質な外壁材は耐用年数が長くなりますので、外壁塗装や外壁材の張替えなどのスパンが長くなり、住宅のメンテナンスコストを大幅に削減することができるのです。当然、初期費用は割高になってしまうのですが、何十年もそこに住むことを考えた場合、中長期的な視点でコスト計算をしておくことも重要になるのです。

外壁は、住宅の外観デザインに大きな影響をあたえる部分ですので「外観デザインのため」と考える方が多いですが、2020年現在では外壁材が持つ機能性から、住宅設備としての側面もあるのです。

④玄関収納・土間収納

小さなお子様を持つ方で「つけて良かった!」との回答が多かったのが玄関収納です。マンションでは難しいのですが、戸建て住宅であれば玄関部分に大きな収納を備えることで、玄関だけでなく家全体をスッキリ片付けることができるようになるのです。
例えば、小さなお子様がいるご家庭であれば、靴だけでなく、ベビーカーやお子様の三輪車、小型自転車、おもちゃなど、さまざまなもので玄関が散らかってしまう…という悩みを持つ方が多いです。他にも傘やアウトドア用品、ガーデニング用品など、個人の趣味によって玄関が悲惨な状態になることも珍しくありませんよね。

玄関収納は、上記のような物品はもちろん、すぐには使用しない野菜やシーズン物など、さまざまな物品を収納することが可能です。したがって、家の顔となる玄関をスッキリ綺麗に保つことができるようになり、快適性が高くなるのです。実際に「玄関がスッキリするから訪問者があっても恥ずかしくない!」「外で使うものが玄関にあるので使いたいときに出しやすい!」「子供用の道具をスッキリ片付けられるから本当につけて良かった!」などと、高評価のお答えが非常に多かったです。
収納は他にも床下収納や小屋裏収納などもあるのですが、どのタイプも導入した方からは非常に高い評価を受ける住宅設備となります。

⑤オール電化

太陽光発電設備を導入するご家庭で人気なのが『オール電化』です。オール電化は、家庭で使用するエネルギー源を電気に統一する住宅のことを指しており、電力会社が用意しているオール電化住宅用の料金プランを採用することや、ガス会社との契約が必要なくなることなどから、光熱費削減効果が高いと人気になっています。

実際にオール電化を導入したお客様の声では「とにかく省エネ性が高い!」「光熱費がかなり下がった!」などと言う、経済的メリットの面での評価が高いです。オール電化は、こういった光熱費削減以外にも、家庭内でガスや火を使わなくなりますので、不完全燃焼による一酸化炭素中毒事故や住宅火災のリスクが低くなるなど、安全性の高い住宅を実現できるというメリットが存在します。他にも、コンロがIHクッキングヒータになりますので、日々のお掃除などのお手入れが楽になるという点をメリットとして挙げている方も少なくありません。

なお、オール電化を導入する場合には、給湯に使用するエコキュートや、調理の際のIHクッキングヒーターなど、住宅設備に制約がある点と、導入コストが割高になってしまうという注意点があります。

【番外編】家庭用蓄電池

まだまだ導入する方は少ないですが、オール電化や太陽光発電と非常に相性の良い設備として『家庭用蓄電池』への注目度がじわじわ高くなってきています。家庭用蓄電池とは、その名称通り、電気を蓄えておくことができる設備で、もともとは災害時の停電対策などとして注目された設備となります。

しかし太陽光発電やオール電化の人気が高くなってきた近年では、これらと組み合わせることで非常に高い省エネ効果をもたらせてくれる設備として有名になっているのです。例えば、太陽光発電は日射を電気に変換する設備ですので、夜間や悪天候時は発電することができず、その場合は必然的に電力会社から買電しなければいけません。しかし、家庭用蓄電池を導入していれば、太陽光発電で創った電気のうち、余剰分を蓄えておき、発電ができない夜間に充電した電気を使用するというサイクルが作れるのです。つまり、使用したい家電や蓄電容量によっては、一日に使用する電気全てを自家発電で賄うことができるようになり、「電気代0円」も実現することが期待できるわけです。

他にも、地震や台風などの自然災害で停電が発生した際、蓄電池から電気が供給できるようになり、家族の生活を守ることができるというメリットもあります。太陽光発電+蓄電池という体制を作っておけば、停電が長期化した場合でも、生活のための電力を自分で確保することができるのです。家庭用蓄電池を導入した方の声では「万一の際の安全を買ったと考えれば安い」「予想以上に電気代削減に役に立つ!」などと言ったものが多いです。

まとめ

今回は、さまざまな住宅設備を導入した方に聞いた「つけて良かった!」と答えた方が多かったものについてご紹介してきました。戸建て住宅を建てる時には、そこでの生活を快適にしてくれる住宅設備選びがとても重要になります。そうは言っても、実際に使ってみなければ本当に便利なのかはわかりませんし、選んでいる時にはどの住宅設備もよさそうに見えてしまい、選ぶのにとても時間がかかってしまう…なんて方が多いです。

そういった場合には、あなたが気になっている住宅設備について、実際に導入してみた方がどのような使用感を感じているのかを調べてみるのがオススメです。もちろん、使い勝手などの感じ方は個人差があるのですが、多くの方の意見を聞いてみれば、自分に合いそうかどうかの参考には絶対になると思います。

平野区喜連西1丁目での2階建て、自由設計での新規分譲ですよ!

◇◆◇喜連西1丁目 新規分譲開始◇◆◇

販売価格3990万円
所在地大阪市平野区喜連西1丁目1-12
沿線・駅大阪メトロ谷町線『平野』駅 徒歩11分
大阪メトロ谷町線『喜連瓜破』駅 徒歩12分
広さ87.77㎡ / 4LDK

東住吉区田辺6丁目での新規分譲です!駅や小学校が近い好立地ですよ♪

☆☆あっという間の最終分譲開始!☆☆ ◆◇田辺6丁目分譲地◇◆

販売価格3440万円
所在地大阪市東住吉区田辺6丁目2-11
沿線・駅大阪メトロ谷町線『田辺駅』徒歩3分
近鉄南大阪線『今川駅』徒歩4分
JR阪和線『南田辺駅』徒歩9分
広さ53.81㎡ / 4LDK